シボリ加工

シボリの概念を突き破れ!

試作時から本型品と同等の深いシボリ加工を行いたいが、金型を作るとコストも時間もかかる。
御客様より大変よくお聞きする事です。
 
弊社では、プレスレスフォーミング工法を用いて、本型に極めて近いシボリ加工が可能です。
試作加工を生業としておりますので、短納期は当然の事、
創業より蓄積した技術等によって、低コストの御提案を行っています。
また、今まで製作していた板金製品などの軽量化(しぼりを入れる事で補強を行い、薄い板を使用する等)、
を御検討の御客様にも自信を持って御提案出来る独自技術です。

プレスレスフォーミング工法

【プレスを使わずシボリが出来る次世代の板金技術】

 当社が長年つちかってきた板金加工の『職人技』と、研究に研究を重ねた『積層金型技術』、そして本型を使わずにシボリ加工をする技術を融合させた、革新的な独自工法です。
 通常のプレス工法に比べ、短納期・低コストでのご提案が可能なため、試作品や少ロットの量産品にオススメです!
 
 プレスレス加工事例集はコチラ
詳しくは、コチラ

プレスレス加工可能範囲

推奨材質
ステンレス(t0.1~1.2mm)
鉄系(t0.3~2.0mm)
アルミ(t0.3~2.0mm)
最大加工範囲
最大絞りサイズ:1000×800mm
最大絞り深さ:300mm(25度の傾斜が必要)
最大加工速度:500mm/sec
※加工の性質上、垂直絞り加工は加工困難です。
製品によって最低傾斜角度は異なりますが、
最低でも15度の傾斜は必要です。
 

積層金型工法

プレス加工で使用する本型の仕組みを応用し、上型・下型の絞りに合わせた凹凸を薄板の積層にて構成した簡易金型による弊社独自のシボリ加工です。
 浅いシボリ、ビード加工、エンボス加工や外周立上げ(ふちシボリ)などの加工に適しています。
 しかし耐久性が低いため量産には向いていませんが、短納期・低コストで加工が出来るため試作や少ロットの量産にオススメです。

(イメージ)

加工前
加工後
協和工業株式会社
〒143-0003
東京都大田区京浜島2-18-6
TEL.03-3790-1177
FAX.03-3790-3032
1.精密板金加工
2.プレスレス(ダイレスフォーミング)